過去が未来を照らせるように

嵐から元気と幸せをもらう葉担の自己満備忘録

グッとスポーツ 小野塚さん

2017/7/25放送

小野塚彩那さん(29)

スキー ハーフパイプ

 

グッスポ自分用メモφ(..)

グッとポイント

「おじいさんが“一位以外は全部一緒”と言いつつもちゃんと見てくれてたことに小野塚さんが感極まったところ」

 

・空中でのバランスがすごい

・スノボードできない←意外(笑)

・とにかく高い!3m20cmも!

しかし高く飛びすぎるとバランスとりにくいし転倒もするリスクも高い。

ドロップインで、大きくジャンプして入ると高く飛べるが、、やはり、転ぶと怪我する確率も高いし、小野塚さんも転びたくない転びたくないと思いながら、滑っている。

着地点で直角になることもある

アルペンからハーフパイプ

2011/4に五輪の種目に。

なんとなくできそうと思い転向

アルバイトしたり、企業に行ったりとで資金集め。

市長にも直談判

ジムの施設つくってほしい!今のではだめ!

 

・バランス能力めちゃめちゃ高い

バランスボールに乗ったと思ったらすぐその上で立って、スクワットしてた!相葉ちゃんがボール持ってきて、小野塚さんと軽いキャッチボールもしてた。全然ぶれなくて、すごかった。

・大学3.4年の頃の写真出てきてて、相葉ちゃんにパリピ?パリピ?と言われてた笑(夏に友達とのグアム旅行の写真)

・小学校の頃、嵐を踊ってるくらいに好きだったみたい。マスターと一緒にA・RA・SHIを踊ってた

・中学校(だったかな?)の担任の先生が驚いたこと。英語でインタビューにこたえてる!と。笑

先生いわく、あまり勉強がすきなタイプではなかったと。でも、インタビューの映像映ってたけど、結構スラスラと英語で話してたなー!でも、本人はまだまだとのこと。

 

・おじいさんに面倒見てもらうことが多かった。

「一位以外は全部一緒」という言葉を幼い頃から聞いていた。

コレイチのコーナーで

いつもお店の指定席で2014年ソチでの銅メダルを側においておじいさまに乾杯している写真。

おじいさまは、小野塚さんがハーフパイプに転向して一年後に亡くなってしまったけど、ずっと、試合をみてきてくれていた。

最後におじいさまが保管していた今までのゼッケンが出てきた。

小野塚さん一位じゃない賞状はいらないと言って家に帰ってたりしたこともあったみたい。

きっと、相葉ちゃんの言っていた通りおじいさまはちゃんと小野塚さんのこと見てきてたんだろうな。

ゼッケンを見て、あっこれもあると言いつつ、感極まってる姿には、私ももらい泣きしてしまった。とってもグッときたな。

 

全体的な雰囲気が優しそうな感じで。

なんとなくできそうと思って転向するその思考と行動力。だからといって気分のままに動いてるという感じではなく、ちゃんとしっかり考えていて、落ち着いた雰囲気もある方だったな。

次はぜひ一位を頑張ってください!応援しています!